toggle
2019-04-10

春の花、冷たい雨を受けて元気に咲く

桜の満開の時期を過ぎ、新学期が始まるこの頃、たまに冬に戻ったような冷たい雨が降ることがあります。
今日はそんな日。

みずいろ舎のテラスの隅に、雨を受けていちだんと鮮やかに嬉しそうに咲いている花が、「昨日よりももっと咲いたよ!」って出迎えてくれます。

お店の中からも、薄いレースのカーテン越しにちょこんと顔を出していて、その木の小さな花を見ていると気持ちがほっこりしてきて、「ずっと咲いていてね」とおもわず語りかけてしまいます。

私が初めてこの木と出会ったのは、昨年の夏。
優しい感じの大きな葉っぱがほどよく付いていて、この木の名前はわかりませんでしたが(実は今もわからないんです)素敵な木があるテラス付きのこの家に、とても親近感を感じました。

ここ一週間前くらいから蕾が開き、陽を浴びてたくさんの小花が咲き始めました。
お客さまのテーブルからも見ていただけます。

この時期だけのとっておきの花。

しばらく元気に咲いていてね。

関連記事