toggle
2019-04-07

古い陶器の瓶を使った洗面スペース

とても味わいのある美しい洗面スペース。

土焼き瓶を真っ二つに割って、小石を流し込んだ土台にはめ込んであります。

実際に洗面していても、目の前にあるガラスの下半分はぼこぼこを施してあるので、外からの目線も全く気になりません。

鏡は横の壁後方に紐で引っ張るタイプの昔の照明が取り付けてありますが、自然光の柔らかな光が差し込むので、夜だけその紐を引けば十分。

無機質なドライヤーはさりげなく手作りの袋に入れて壁から下げてあります。

どこで見つけたのか、ちゃんとお湯とお水を混ぜて湯温を調節できる古い蛇口も、主張することなく土瓶を引き立てていて、そこでの洗面タイムが楽しく豊かに感じます。

今日のお天気はどうかな…なんて、外を眺めながらの朝のひととき。

ここでも古いものたちが今の生活に生かされていました。

関連記事