toggle
2018-12-13

八ヶ岳清里辺りの雪景色

八ヶ岳の四季折々の風景の中でも、特に観光客の集中しない冬は、格別です。

標高1200mを超えるところでは、冬山装備がなくても、スノータイヤを履いていれば車で入っていけます。

気をつけなくてはいけないのは、圧雪された道は既に車が多く通っているので安全ですが、新雪の中へと進んで行ってはいけないということ。私も他の地で、前にも後ろにも進めなくなって、たまたま通りかかった猟師の方に牽引していただいたことがあります。

地方を訪ねる時の私の楽しみ方は、できるだけ観光客のいないその土地らしい風景に身を置いて、風の音や木々の葉のささやき、澄んだ空気の匂い、水の流れる音などに耳を傾けること。また、食べログなどにあまり反映されていない小さなお店を見つけてそれについて調べ、自分がそこに行ってみたい、そこのオーナーの方にお会いしてお話を伺いたい…

特別な非日常ではなく、素朴な非日常。

今までも、そしてこれからも、こんなふうな旅をしていきたいと思っています。

関連記事