toggle
2018-12-12

古民家の土間

長野県東御市の養蚕農家を再生させた古民家の土間。

ここは玄関としてお使いになっていらっしゃいます。

玄関までは、いろいろな木々がお迎えしてくれて、まるで雑木林の中を歩いているような感覚になり、自然と心がほどけていきます。

扉を開けると、お香の香り。

天窓から差し込む柔らかな光と、ところどころに生かされている間接照明の、素朴であたたかみのある、しかも洗練されている空間が出迎えてくれます。

ご夫婦が何年も何年もかけて、全て手作りでおふたりのセンスで改装され、どこにもないようなぬくもりを感じることができる、素敵な古民家になっています。

暖炉に火が入ると、私の足もとにはいつのまにか黒ねこのぷまちゃんがいて、朝まで一緒に…なんてこともあります。

 

関連記事